親が高齢になる前に結婚しておきたいものです。老親は色々大変。

af9980030521親が高齢になって介護が必要になると、仕事と親の面倒で手一杯になってしまい、恋愛・結婚にまで頭が回りません。「気が付けば婚期を逃していた」なんてことにならないように、親が元気なうちに結婚した方が良いなぁ、と考えるようになりました。

 

 

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

今日は、若干愚痴ですけど、
「親が高齢になる前に結婚しておいた方が良いですよ」
という話を書きたいと思います。

両親が年老いてくると、「健康問題」が出てくる

前にも書いたことがあると思いますが、
僕の両親はなかなか子供ができなくて、不妊治療の結果、
僕と兄貴の兄弟を産みました。

不妊治療を受けたわけですから、
当然、いわゆる「高齢出産」になりますね。

兄貴は母親が35歳のときの子どもで、
僕は母親が42歳のときの子どもです。

待ちに待った子供だったので、
両親は子供が産まれてとても喜んだそうです。

で、時は流れて、僕は今年30歳。兄貴は37歳です。

子どもが成長して歳を取ったということは、
当然親も同じだけ歳を取っています。

今年父親は74歳。母親は72歳です。

両親が高齢になると何が起こるかというと、
一番は健康上の問題ですね。

元気だった父親がこの2年で「寝たきり状態」に

日本の平均寿命からすれば、まだまだ「若い」と言える僕の両親ですが、
実は僕の父親は、 去年の6月にパーキンソン症候群認知症という
2つの脳の病気になりました。

今まで元気で特に病院に行くこともなかった父親ですが、
去年いきなり大病を患ったわけです。

悪いことに病気の進行も早く、去年の春までは普通に生活していたのに、
去年の年末辺りから失禁したり、歩くのに不自由するようになり、
食事もボロボロとテーブルに落としてキレイに食べることができなくなりました。

認知症ってゆっくり進行するイメージだったのですが、
「血流性認知症」というヤツでパーキンソン症候群とも相まって
病気の進行が急激でした。

今年の夏以降は、寝たきり状態になり、介護オムツを履かせ、
食事や歯磨き、トイレのお世話も母親が付きっきりで介護です。

認知症の症状である幻覚や幻聴が出ていて、
夜は「飛行機が墜落してくる!」とか
「部屋の片隅でねずみの大群が歩き回ってる!」とか、
深夜3時とかに大騒ぎするんですよ。

当然、一緒に住んでる家族は夜寝れず、心身共にキツいんです。

介護状態の高齢者はとにかくお金がかかる

先月、さらに脳梗塞になり、今は救急病院に入院中です。
元々悪かったのに、さらに悪化したという状況なわけです。

救急病院なので、長期の入院ができないと言われ、
今は他の受け入れ先を探しています。

受け入れ先と言っても医療費・入所費用が高額なので、
受け入れ先をどこにするか悩みます。

家族会議もしつつ、専門の相談員の人にも相談してもらっていますが、
頭が痛いです。

入居費用が安い特養と言われる老人ホームでも月10万円弱、
高い有料老人ホームだと月30万円かかると言われて参っています。

特養の老人ホームは人気なので入居者100人待ちとかで、
すぐには入居できないですし、月15万弱の老健と呼ばれる施設は
医療行為をすることができないらしく、
緑内障を抱える父を入居させるには気が引けます。

かといって、月30万円の有料老人ホームは無理です。

「出来る限りの医療体制を取ってやりたい」という人情と、
「いや現実問題としてそんなお金払えないし」という現実との板挟みです。

年老いた親を持つ人はこういう悩みに直面する人が多いだろうと思います。

老親が介護状態になると、恋愛どころじゃなくなる

親がいつまでも元気であれば良いですが、そうもいかないものです。

「いつまでもあると思うな親と金」と言いますもんね。

僕の両親も2年前まで元気だったのに、
父親はもはや寝たきり状態、母親も介護疲れ
で疲れ果てています。

(母親は父が脳梗塞で入院してから介護から解放されて
ある程度回復しましたが)。

高齢者が爆発的に増えている今の日本の状況を踏まえると、
僕の家族がこの2年で経験したようなことは別に珍しいことではなく、
これから日本のあちこちでごく普通に起こる(起きている)ことでしょう。

突然、元気だった親がガンになったり、介護が必要になったり。
それぞれ状況は異なるでしょうがね。

で、両親がこういう状況になるとですね、
やらなきゃいけないことや考えなきゃいけないことが多すぎて、
恋愛や結婚のことなんて考えられなくなっちゃうんですよね。

病気を理解するのも大変だし、介護が必要になると
介護施設や介護保険制度も複雑で専門用語が多くなかなか理解できないので、
時間が取られます。

自分が生活するための生活費を稼ぐための仕事、
介護や病院・その他の施設や役所との折衝だけで手一杯になってしまい、
恋愛のことなんか考えられない
ですよ。

自分と親の面倒に手一杯になり、婚期を逃してしまうかも

恋愛なんてしなくてもとりあえずは生きられますから、
自分が生きるための仕事と親を路頭に迷わせないための親の面倒の方が
恋愛よりも優先順位が上になるでしょう。

「恋愛・結婚は二の次」状態です。

で、親がひと段落した頃には、婚期を逃してしまう、みたいな。

今、僕の兄がそういう状況になってしまっていますね。

37歳で結婚も焦っているんですけど、仕事も忙しいし、
親の面倒もあるから恋愛まで手が回らない。

ネット婚活も勧めてはいますが、
あんまり恋愛に集中できる状況ではないようです。

弟としては、早く恋人を見つけて欲しいんですけどね。

ちなみに、僕が7月に勤めていた会社を辞めたのは、
「彼女と同棲するため」というのもありますが、
「東京に戻って親の面倒を見やすくするため」というのもありました。

「恋愛の仕方を忘れた」なら第三者の力を借りるのも手

このブログを見ている方の中にも今回の記事を読んで、

「親が元気なうちに恋人くらい作った方が良いかなぁ・・・。
でも、そうは言っても、もう長いこと恋愛してなくて、
恋愛の仕方も忘れちゃった
よ」

なんて人もいるかもしれません。

僕の兄貴もそのクチなのかもしれませんが、
そういう人はネット婚活のように自力で相手を見つけるのではなく、
第三者の力を借りて結婚相手を探すのも手なのかもしれませんね。

結婚相談所なら相談員の人がおすすめの会員を見つけてきてくれますからね。

僕自身はネット婚活で彼女を見つけましたが、
「自分で探せない」「行動できない」という人なら結婚相談所が
オススメなのかもしれません。

結婚相談所に興味を持ったけど、
どれが良いか分からないという人は資料請求だけしてみると良いでしょう。

ズバット結婚サービス比較なら、
16社の結婚相談所から最大10社分の資料を請求できるので、
手っ取り早く各社の資料請求したい人におすすめです。

いくつかの結婚相談所のパンフレットを見比べてみて、
「ここは良いかも」と思えた結婚相談所の説明会に行くと良いでしょう。

参考ページ
ズバット結婚サービス比較

結婚サービス比較.com

今回は、若干愚痴っぽくなりましたが、こんなところでおしまいです。

以上、親が高齢になる前に結婚しておきたいものです。老親は色々大変、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓



この記事と関連する記事:

4 Responses to “親が高齢になる前に結婚しておきたいものです。老親は色々大変。”

  1. 徳丸 より:

    だいぶ切迫つまっているようなお疲れな様が伺えますが、彼女とは順調ですか?

    両親がご心配ですよね。色んなことが重なり合ってやってくるタイミングが婚期だと思うので、大変な時だとは思いますが、哲也さんが体調崩さないよう気をつけてくださいね。

  2. 哲也 より:

    徳丸マギーさん

    コメントありがとうございます^^

    おかげ様で彼女とはケンカしながらも、仲良くやっています(そこら辺もブログに書きたいなーと思いつつ、なかなか書けてません笑)。

    僕は役所周りや病院との折衝がメインで直接的に介護をしてたわけじゃないので、まだマシですねー。同居の家族は大変だったと思います。

    今はお金はかかりますが、父親が入院して介護から解放されてるので、家族の直接的な負担は減ったと思います。

    暖かいコメントありがとうございました^^

  3. 久しぶりに遊びに来ました。私も同じ状況です。
    高齢出産で生まれた子供なので痛いほどよくわかります。

    まだ弟が学生なんですが父親が70代、母親が60代です。
    女だけど大黒柱みたいになってます・・・。
    男社会の業界に飛び込み、なんとか生き延びてます・・・。

    もう最近は結婚できなくても安定した収入、生活が遅れれば良いかなって思うようになりました。結婚とか恋愛とか、そこまで余裕が無いのが現状です。

  4. 哲也 より:

    花音さん

    お久しぶりです☆コメントありがとうございます^ ^

    弟さんがまだ学生なんですか。それは大変ですね…。

    仕事も家族も順調じゃないと恋愛する気になれませんよね。余裕があってこその恋愛だな、と。

    でも、花音さんも一人で抱え込むのは大変です。信頼できる親友や男友達に愚痴を聞いてもらうなり、ストレスを発散させる場を持ってくださいね。

    そうしないと大黒柱の花音さんが倒れてしまいますから。

    親身に話を聞いてくれる人の中から花音さんの良き理解者が現れるかもしれないので、そのときは少し恋愛を楽しんでみてください。それが花音さんにとっての結婚のタイミングかもしれませんね。

    花音さんと花音さんのご家族の幸せを祈っています。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ