ネット婚活でメールの返信はどれくらい待つべきか?

2013-07-06_13h08_14メールは、ネット婚活において、通常の恋愛よりも重要な役割を果たします。見ず知らずの二人を繋いでくれる大切な連絡手段です。相手からのメールの返信をどれくらい待つべきか考えてみたいと思います。

こんにちは。哲也です。

今回は、ネット婚活でメールのやり取りをしていて、返信が来なくなった場合について考えてみたいと思います。

メールが来なくなった。どの程度返信を待つべきか?

ネット婚活でメールしていると、
メール送っても相手から返信が来なくて
途方に暮れることってよくありますよね?

相手から返信が来ない場合、どの程度待っても良いものか、
僕なりの考えを書きたいと思います。

こちらからメールしてすぐ相手から返事が来る状態だと
こんな心配はしなくても良いですね。「即レス」というヤツです。
1日1~2回往復でメール出来てれば十分脈アリでしょう。

でも、忙しい社会人同士だと、
そんな頻繁にメールできなかったりしますよね。

社会人同士なら、1日1通メールが来れば脈アリでしょう。

2~3日に1通程度のメール頻度なら問題ない

じゃあ、2~3日に1通のメール頻度だとどうか。

相手の忙しさや性格によりますが、
忙しい人やメール不精の人なら、
2~3日に1度のメール頻度でも問題ない
でしょうね。

今まで小まめにメールしてたのに、
急に2~3日メールが来なくなった場合、
仕事が忙しくてしんどかった場合以外は、
別の異性と仲良く連絡していて
あなたが後回しにされた可能性があります。

1週間に1度のメール頻度でも脈が全く無いわけじゃないけれど・・・

じゃあ、1週間に1度の頻度でメールする場合はどうか。

ものすごく仕事が忙しい人で、
平日はプライベートに構っていられない人。
あるいは、凄まじくメール不精な人なら、
この頻度でも脈がないわけじゃないと思います。

ただ、
1週間に1度ペースのメールだと、脈アリだったとしても、
あなたが寂しく感じるかもしれませんね。

自分も1週間に1度ペースで問題ない、という場合でないと、
メールが(あなたの気持ちが)続かないかもしれません。

そういう相手と関係を続けていきたい場合は、
あなたも「1週間に1度連絡すれば良いや」、と割り切って
考えるようにしてください。

さて、
なぜ、僕が今回こんな記事を書いたかというと、
Yahoo!パートナーで知り合った女性と
毎日メールしてたんですが、ここ数日間急にメールが
来なくなって、昨日やっとメールが来たんですね。

「メールものすごく遅くなってごめんなさい・・・。
覚えてますか?」
って。

メールが来ない間も毎日Yahoo!パートナーに
ログインしてたのは知ってたし、
そんな忙しい仕事をしてるとは思えないので、
他の男に夢中だったけど振られたから
僕に戻ってきた
のでしょう。

相手の女性が大本命なら僕も喜んでメール返しますが、
遠距離過ぎて微妙だなー、と思ってた相手だったので、
メール返しません。

露骨に後回しにされるの、嫌いなんですよ、僕。

同時進行するにしても、もっと上手く立ち回らないとね。
せめて1日1通くらいメールするとか。

P,S,
過去に婚活メール関連の記事をいくつか書いてますので、
気になる人は参考にしてみてください。

婚活におけるメールの書き方や、メールでの話題の見つけ方、
顔写真を送ってもらうコツ、メールでの口説き方・注意点など
様々な観点で記事を書いています。ぜひ参考にしてください。

参考記事
婚活メール関連記事まとめ

P,S,のP,S,
管理人のネット婚活入門講座はこちら
ネット婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)

 

以上、ネット婚活でメールの返信はどれくらい待つべきか?、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓

follow us in feedly

この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓ツイッター始めました↓ 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ