【備忘録】ブライダルネットの専門用語まとめ

2013-07-15_14h27_08よく分からない専門用語が多いブライダルネット。使ってて意味が分からず混乱することが多いので、ブライダルネットの専門用語をまとめてみました。

こんにちは。哲也です。

ブライダルネットに入会して活動してるんですが、
正直このサイトの中でしか使われない専門用語が多すぎて混乱します。

そこで、個人的な備忘録も兼ね、
ブライダルネット専門用語まとめを作りました。

活動を続ける中で、さらに専門用語が出てきたら、
更新していきたいと思います。

「あいさつ」

気になるお相手が見つかったら、
「あいさつ」ボタンを押すと相手に自分の好意を伝える
ことができます。

omiaiやPairsで言うところの「いいね!」と同じ。

「あいさつ」を送って、相手からも「あいさつ」が返ってこないと、
次のステップ「ちょい話そう(メール交換)」に進めません。

「あいさつ」は無料でできますが、
1日に「あいさつ」を送れる人数に制限があり、
プラチナメンバーは1日10人まで、
ビジターメンバーは1日2人までとなります。

「あいさつ成立」

二人が「あいさつ」をし合うと、「あいさつ成立」となり、
お互いに「ちょい話そう(メール交換)」を申し込むことが
できるようになります。

「ちょい話そう」

「あいさつ成立」した二人は、「ちょい話そう」ボタンを押せば、
相手にメールを送ることができます。

ブライダルネット上のメールシステムのため、
個人情報は秘密のままメールできますが、
メールできる日数に制限があり、メールできるのは7日間だけ。

もっとメールしたいと思ったら、次のステップである
「もっと話そう」ボタンを押して「ハート」を消費する必要があります。

また、「ちょい話そう」の段階では、
相手と個人電話番号やアドレスなどを交換することができず、
連絡先を交換したかったら、「もっと話そう」ボタンを押して
「ハート」を消費する必要あり。

ちなみに、プラチナメンバーは無料でお相手に「ちょい話そう」
を申し込むことができますが、ビジターメンバーは1ハートが消費されます。

「ちょい話そう」でコミュニケーションが取れるのは、
本人証明を提出している会員間のみです。

「もっと話したい」

「ちょい話そう」を通して相手のことをもっと知りたいと思ったら、
「もっと話したい」を送って、連絡先の交換を申し込むことができます。

お互いが「もっと話したい」を送ると、
「もっと話したい成立」となり、連絡先が交換されます。

「もっと話したい成立」となると、
「初デートサポート機能」が14日間利用できるようになります。

※「もっと話したい」が成立すると、
プラチナメンバーは1ハート、
ビジターメンバーは2ハートが消費されます。

「初デートサポート機能」

「もっと話したい」成立後、14日間のみ利用できるサポート機能。
システム上でデート日程やスポットを選び、
相手をデートに誘うことができます。

また、14日間以内であれば、デートの約束が決定するまで、
何度でもやり取りを行えます。

「初デートサポート機能」は、プラチナメンバーも、
ビジターメンバーも無料で利用することができます。

使ったことないから、使い勝手は分かりません。

「ありがとう」

「あいさつ」や、「ちょい話そう」のお申し込みへ
断りを入れるときに「ありがとう」ボタンを押す。

「ありがとう」ボタンは
「ごめんなさい、あなたに興味ありません。
でも、連絡してくれて『ありがとう』ね」

という意味。

「あなた、良い人だよね」という言葉を、
「あなた、どうでも)良い人だよね」という意味で使われたときと
同じくらいの混乱を招くブライダルネットの専門用語。

ホントに分かりにくいから、名称変えた方が良いと思います。

「終了」

「あいさつ」や、「ちょい話そう」のお申し込みへ断り
(「ありがとう」)が入り、やり取りが終了した状態のこと。

「ハート」

相手と「ちょい話そう」をスタートしたり、
連絡先を交換したりする際に、ハートが必要となります。
事前に買い置きをしておくこともできます。

ハートの取得方法について

1.定期付与ハート
⇒プラチナメンバーにのみ、定期的に付与されるハート。
毎月9ハートが付与されます。

2.購入ハート
⇒必要なときに、都度購入するハート。

ハートを利用するケースについて

1.相手の方と「ちょい話そう」をスタートする時
プラチナメンバーは無料
ビジターメンバー(本人証明必須)は1ハート消費

2.相手と「もっと話したい」が成立した時に消費される
⇒プラチナメンバー:1ハート
ビジターメンバー(本人証明必須):2ハート

「ここスキ!マッチング」

好きな場所、興味のあるスポット、よく行くエリア、
遊びで行くエリア、仕事で行くエリア、住んでるエリア、
思い出のエリアなどを登録しておくと、
ブライダルネットからマッチングした相手を紹介してもらえる
という機能。

使える機能かどうかは「?」という感想。

参考記事
好きな場所が共通する相手を探せるのがブライダルネットです

「みんなの日記」

自分のプロフィールページに日記を書いていき、
日記を通して自分の人柄や趣味を披露して、
自分を売り込むができる機能。

イメージとしては、一昔前の全盛期のmixiの日記
この機能を使いこなせれば、確かに「SNS婚活」って
感じかもしれません。

個人的には、ブライダルネット最大のウリだと思っています。

参考記事
共通の趣味を持つ人と出会いたいなら、ブライダルネットがオススメです。

 

ブライダルネット徹底レビューはこちら
ブライダルネット徹底レビューサイト

ブライダルネットの公式ページはこちら
ブライダルネット

以上、【備忘録】ブライダルネットの専門用語まとめ、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓



この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ