意外と首都圏の男女は出会いがないそうです。

2013-10-10_03h46_24「人口も多いし、普通に考えれば出会いなんていくらでもあるんじゃない?」と思いがちな首都圏ですが、意外と出会いが無いと悩む男女が多いようです。

 

こんにちは。哲也です。

今日は↓のネット記事を見つけたので、紹介したいと思います。

実は出会いが無い!首都圏男女の「キビシイ婚活」マル秘事情を大暴露(メンジョイ)

この記事に出てくる調査結果ですが、
東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の独身男女を対象に行った調査で、
「異性との出会いの機会がほとんど無い」と答えた
男性は45%、女性は30.3%
だったと書いてあります。

この数字をどう見るか、ですが・・・。

男に比べ、首都圏の女性はまだ出会いに恵まれているようです。

やっぱり、女性には男が言い寄ってきますし、
友達の紹介や合コンの誘いもそこそこあるんでしょうね。

でも、それでも3割の女性は「出会いがない」と嘆いてるわけです。

そして、もっと悲惨なのは男の方で、
約半数が「出会いがない」
と悲鳴をあげています。

僕は、社会人になるまで東京に住んでたので、
友達の多くは首都圏に多くいるんですが、
20代後半にもなると、男女問わず友達は2極化
してますね。

すなわち、

(1)既に結婚してる(もしくは結婚が決まってる)、

(2)恋人がいない、

どちらかである可能性が高いような気がします。

もちろん、恋人いるヤツもいますけどね。

恋人がいない理由は友達によって、マチマチですが、
やはり恋愛に対して消極的な人・恋愛下手な人が多いかなぁ。

可愛い子でも、少し性格が変わっていて、
恋愛に消極的だったりすると、昔はモテたのに
5年以上彼氏がいなかったりね。

参考記事
若かったときはモテたのに、今は出会いがない、と嘆いている人に

あとは、仕事が忙しい、という理由も多いかな。

会社と自宅との往復だと、出会いの数も限られると思います。

まぁ、どんな理由で恋人がいないにせよ、恋人が欲しいと思ったら、
やっぱり出会いのチャンスを増やす必要があります
よね。

合コンや友達の紹介に期待するのも良いでしょう。

でも、20代も後半になると、
仲の良い友達が結婚していったりして、
合コン・紹介をしてくれる友達が減っていったりします。

それに、合コンや友達の紹介だと、
2時間くらい飲み会して結局何の収穫もなかったり
紹介してくれた友達に対する義理立てから、
義務感で興味のない相手とデートする羽目になったりしますよね?

そこで、
効率を求める僕がオススメするのがネット婚活なのです。

出会いを求める男女が入会する婚活サイトでは、
インターネットを使って異性を探しますので、
仕事で忙しい人でも、家に帰ってから相手を探すことができます

相手の写真やプロフィールを見てから、
連絡を取るか決めることができるので、
興味のない相手とデートする必要はありません
(中には「婚活ベストショット写真」を使って
詐欺的な顔写真を載せている人もいますけどね 苦笑)。

結婚相談所と違って、料金も安く
月会費3000円程度のところが大半ですし、
女性は会費無料という婚活サイトも多いです。

参考記事
女性無料のオススメ婚活サイト紹介

「出会いがない・・・!」と嘆く毎日から、
ネット婚活を始めて出会いを探してみませんか?

ネット婚活のメリットについてまとめた記事がありますので、
ネット婚活に興味を持った方は、
以下の記事も読んでみてくださいね^^。

参考記事
ネット婚活の魅力とは?

 

以上、意外と首都圏の男女は出会いがないそうです、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓



この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ