優良な結婚相談所の選び方(その1:カウンセラーの質)

2013-12-01_23h24_19結婚相談所の質を左右するのは、なんといっても結婚相談員(カウンセラー)です。高い会費を払って全然サポートを受けれなかったなんてシャレにならない事態にならないために、しっかりカウンセラーの質を見極めましょう。

こんにちは。哲也です。

前回の記事に続いて、今日も結婚相談所関連の記事です。

「ネット婚活と比較して、結婚相談所の強みはなんだろうか?」
と考えたときに、やっぱり大きいのは結婚相談員(カウンセラー)の存在
です。

ネット婚活は、会費安いけど、サポートは皆無

ネット婚活は、会費が安いのが長所ですが、
その裏返しとして、婚活を進めていく上でのサポートというのは皆無です。

ブライダルネットは「コンシェルジュ」というサポートがありますが)。

ネット婚活では、相手も自分だけで探す必要があります。
積極的に出会いを探す姿勢が求められるわけです。

言わば、ネット婚活は「狩り」に出て孤軍奮闘する
くらいの気合がないと、相手を見つけられないのかもしれませんね。

結婚相談所は会費高いけど、サポートが充実。

それに対し、結婚相談所は会費はかなり高いですが、
その分結婚相談員(カウンセラー)のフルサポートを
受けることができます。

婚活に行き詰れば相談もできるし、
第三者の目で「あなたのここは直した方がいい」、
「相手に対する希望条件が高望みすぎる」など指摘を
してくれるのはありがたいことです。

困ってるときに頼れる相談相手がいれば、
二人三脚で婚活することができるので、
手厚いサポートが欲しいという人には結婚相談所がオススメ
です。

でも、結婚相談所によって、サポートの度合いに差がある。

ただ、「結婚相談所だと結婚相談員(カウンセラー)の
フルサポートが受けられる」と書きましたが、
結婚相談所によっては、サポートの度合いに差があるのが実情のようです。

なぜか?

結婚相談所によってサポートの度合いに差が出る背景は2つあると思います。

まず一つ目が、結婚相談所の営業方針
「新規会員獲得に全力を注ぎ、いざ入会すると放置プレイ」
という考えをしている結婚相談所も中にはあります。

要は、
「入会金さえ払ってくれれば、その後のことは知らねぇよ」
というスタンスの結婚相談所
もあるわけです。

そういう結婚相談所に入会してしまうと、
結婚相談員のサポートを受けることは難しいので、
自力で婚活をする必要が出てくるわけですね。

そんなところに入会してしまった人は、ロクに出会えない、
サポートが薄い、と不満を抱きながら退会していくことになります。

そして、
結婚相談員のサポートが疎かになってしまう2つ目の理由ですが、
それは「結婚相談員の人数に対して、会員数が多すぎる」という
問題
があるようです。

どういうことかと言うと、結婚相談所によっては、
ヒドイところでは相談員(カウンセラー)1人当たり200~300人
の会員を担当
するようです。

300人というと、僕の出身高校の1学年の生徒数に匹敵しますね。
いくらなんでも多すぎでしょう。顔と名前が一致しないと思います。

ましてや、誰がどんな婚活状況なのか把握することは不可能です。

一部の結婚相談所ではサービスレベルの低下が起きている

何が起こっているのかというと、
一部の結婚相談所では、規模の拡大を急ぐあまり、
会員の立場からすればサービスレベルの低下が起きている
わけです。

企業側の論理では、
少人数のカウンセラーで200~300人の会員を担当すれば、
それだけ(企業から見れば)費用対効果が良くなります。

でも、それは必ずしも会員側からすれば、
歓迎すべき状況ではなく、必然的にフォローが追い付かなくなり、
全くサポートを受けることが出来ない会員も出てきてしまいます

もし、
入会の際に、色々な結婚相談所のパンフレットを見比べて、
「ここは安い会費だ!」と喜んで入会しても、
十分なサポートを受けれずに結局は高くついた買い物に
なってしまう
わけです。

ことわざで言えば、
「安物買いの銭失い」、「安かろう悪かろう」
というヤツです。

(実際、僕のブログでも、結婚相談所でカウンセラーに
相手にしてもらえなかった、という感想メールを頂いたことが
あります)。

結婚相談所は、少人数で親身に相談に乗ってくれるかが重要!

結論としては、

「結婚相談所選びでは、
相談員(カウンセラー)の担当会員数が少なくて、
親身に相談に乗ってくれるところを選ぶ」

ことが何よりも重要です。

結婚相談所選びでは、これが最重要です。

サポートが受けれない結婚相談所なんて、
婚活サイトと大差ないんですから。

婚活サイトよりはるかに高い会費を払うんですから、
カウンセラーの質を最重要視して、結婚相談所を選ぶべきです。

IBJメンバーズは、カウンセラー1人当たり80人の少人数制

その点、今回お話を聞いてきたIBJラウンジメンバーズは、
カウンセラー1人当たり80人の少人数制を採用
しており、
カウンセラーによる一貫サポートを受けることができます。

 

・・・・。

 

・・・分かりますよ。皆さんの考えてることが。

 

カウンセラー1人当たり80人って十分多いじゃないか、
どこが少人数制なんだ、と思ったんでしょう?

僕も質問してみました。「80人って多くないですか?」と。

すると、回答としては

「80人ならば顔と名前、婚活状況が一致できます。
逆にこれ以上増えると一致しなくなるし、
カウンセラーの業務負荷がかかり過ぎて、
十分なサポートができなくなる」

とのことでした。

どうやらIBJラウンジメンバーズさんでは、
過去何回か「カウンセラー1人当たり100人担当」という壁
挑戦したことがある
そうなんですが、

その度に
カウンセラーが残業地獄に陥って家に帰れなくなるか、
もしくは会員に対するサポートが疎かになって、
サポート体制が破たんする
、という経験をしてきたそうです。

だから、IBJラウンジメンバーズでは、
カウンセラー1人当たり80人を上限にして、
それ以上会員が増えた場合は、カウンセラーを
増員することに決めている
そうです。

80人ならば、積極的に結婚相談所を活用する会員だけでなく、
少し受け身で自分からカウンセラーに相談に来ない会員に対しても、
「婚活の状況はいかがですか?」とカウンセラーの方から
会員に電話をかけてサポートすることが(無理なく)できる
そうです。

ただ闇雲に1人当たり80人と設定しているわけではなく、
過去の経験と試行錯誤の結果、「1人当たり80人担当」という形に
落ち着いた
わけです。

考えてみれば、80人と言えば、
1クラス40人として、2クラス分です。
たしかに、2クラス分なら、十分サポートできるでしょう。

カウンセラーの上限担当会員数を決めて、
1人1人の会員へのサポートを手厚くする、
というのがIBJラウンジメンバーズの戦略
です。

これは、高い会費を払う会員からすれば、
当然のサポートをきちんと受けることができるということです。

こうした「会員へのサポート」を重視した結婚相談所を選ぶことが
結婚相談所選びの第一ステップ
になります。

続きはこちら
優良な結婚相談所の選び方(その2:成果報酬型の料金システム)

説明会で聞けたIBJメンバーズの裏話を紹介!
IBJメンバーズ徹底レビューサイト

IBJメンバーズの公式ページはこちら
IBJメンバーズ

【結婚相談所関連記事】
(1)結婚相談所の説明会に行ってきました
(2)優良な結婚相談所の選び方(その1:カウンセラーの質)
(3)優良な結婚相談所の選び方(その2:成果報酬型の料金システム)
(4)「経済力がある人が見つかりやすい」のが結婚相談所のメリット
(5)結婚相談所(IBJメンバーズ)の説明会参加レポ用のサイトを作りました。

P,S,
結婚相談所に興味はあるけど、
どれが良いんだかよく分からない!という人は、
下記サイトから16社の結婚相談所のパンフレットを
無料で一括請求
できます。

安くはない会費を払うんですから、
じっくり各社のパンフレットを読んで
自分に合った結婚相談所を選びたい人にオススメです。

<ズバット結婚サービス比較>厳選16社の結婚相談所資料一括請求!無料

 

以上、優良な結婚相談所の選び方(その1:カウンセラーの質)、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓

follow us in feedly

この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓ツイッター始めました↓ 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ