【第4回】哲也の性病体験談(性病を完全に予防するのは無理)

2013-12-30_02h59_12コンドームだけで性病予防できるわけではありません。でも、ある程度は予防できます。性行為の際は必ずコンドームを着用しましょう。

    

 

 

こんにちは。哲也です。

今回も前回の記事に続き、僕の性病体験談を書きたいと思います。

性病の最大の感染源は性風俗店であり、
旦那や恋人が風俗通いしていると
あなたも性病に感染している可能性がある、
と前回の記事で書きました。

今回は、「何をすれば性病に感染するのか、および、
性病の予防法」
について、考えてみたいと思います。

※今回の記事は、医学的な内容を含みます。医学について
素人である僕がいい加減な内容の記事をUPして皆さんに誤った知識を
拡散するのは嫌なので、以下の2冊の本を参考に書きました。

参考文献
性感染症基礎知識 ―恋の邪魔するクラミジア―
ドクター尾上のすぐわかる性感染症

※ちなみに、性病についてご質問を頂いても答えられない
可能性が大いにあります。ご心配な点があるならば、
お医者さんにご質問くださいませ。

性病は、セックスに限らず、フェラチオでも感染する

こうやって僕が性病の感染についてあれこれ書いてると、
「私、いつもゴムつけてるから大丈夫!^^」という人もいるでしょう。

でも、残念ながら、
クラミジアって喉にも感染するみたいなんですね。

前回の記事でも少し触れましたが、クラミジアに限らず、
性病は、性行為そのもの以外のフェラチオなどでも相手に感染します。

だから、フェラチオをしたことがある人なら
クラミジアが喉に感染している可能性はあるわけです。

以下、例によって、引用します。

感染する部分は、性器以外に口、肛門、眼にも感染し、
精液や唾液
の中にも病原体が潜んでいます。

本番(哲也注:いわゆるセックスの俗称です)以外に
キスはもちろん、性器同士が触れ合うだけでも、
十分感染の可能性
はあります。
体液の交換、粘膜と粘膜との接触で感染が成立致します。

ですから、 最近はやりの
「オーラルセックス(哲也注:俗にいう「フェラチオ」です)」や
「素股(哲也注:ググってください)」などは、
「本番」となんら変わりのない危険性があります。

引用元:ドクター尾上のすぐわかる性感染症

だから、僕と元カノの場合、ゴム有りでしていたとしても、
それ以外の方法(フェラチオなど)で感染していた可能性は
ゼロでは無かったわけです。

もし、性病の感染を予防しようと思ったら、
付き合ってる段階では必ずゴム付きで性行為全般(フェラチオ含む)
をすること
ですね。

それで、完全に予防できるかと言ったら疑問ではありますが、
かなり予防できるはずです。

結婚して子作りする段階では性病検査して安全を確認してから、
ゴム無しで性行為する
のが一番安全ですかね。
(もちろん、付き合ってる段階でも性病検査した方が好ましい)。

なおかつ、男性が風俗とかで病気もらって来るかもしれないので、
定期的に性病検査するのが望ましいでしょう。

イソジンでうがいしても性病予防はできませんよ

ちなみに、イソジンとかで性病予防できると思ってる人
いるらしいですが、残念ながら僕が読んだ本によると
明確に否定されてますよ。迷信・都市伝説のようです。

例によって以下引用です。

性風俗店で遊ぶ際、風俗嬢と顧客は、「シャワーやお風呂で局部洗浄」し、
「イソジンガーグルでうがい」を行うため、「これで大丈夫」と
思われる方が多いようですが、これは大きな間違いで、
性感染症の予防にはならない
のです

まず、病原体自体は性器の粘膜や皮膚の中に潜んでいるので、
洗ってもあまり意味がありません
。多少の効果はあるかも
しれませんが、気休め程度と考えてください。

しかし、これを勘違いされている方が多く、性感染症を広げる
原因にもなっているようです。意味がないと思っておいた方が
良い
でしょう。

引用元:ドクター尾上のすぐわかる性感染症

性病の治療は、「カップル二人で治療」が基本!!

ちなみに、性病って、
カップルの片方だけ治療しても無意味
なんです。

なぜなら、パートナーから性病を移された場合、
あなたがせっかく治療してもパートナーが治療していなければ、
性行為によって感染源であるパートナーから再度病気を
もらってしまう
からです(その逆もありえます)。

病気を移したり、もらったりを繰り返すことから、
これを「ピンポン感染」って言います。

せっかく治療しても、これじゃ意味がない。

ピンポン感染を避けるためにも、
カップルの片方だけが治療するのではなく、
パートナーも一緒に治療する必要があるんです。

だから、僕の場合も、当然僕だけでなく、
彼女にも病院に通院して治療してもらいました。

※今回の記事は自分で調べた内容を書いてますが、
おかしな点、間違ってる点があればご指摘ください。

参考文献
性感染症基礎知識 ―恋の邪魔するクラミジア―
ドクター尾上のすぐわかる性感染症

次回は、
【第5回】哲也の性病体験談(不安になったらとにかく検査すること!)
です。

【哲也の性病体験談シリーズ】
【第1回】哲也の性病体験談(安易な性行為は危険です)
【第2回】哲也の性病体験談(クラミジアってどんな病気?)
【第3回】哲也の性病体験談(元カノはどこで性病に感染したのか?)
【第4回】哲也の性病体験談(性病を完全に予防するのは無理)
【第5回】哲也の性病体験談(不安になったらとにかく検査すること!)

【性病検査キット紹介】
哲也オススメの性病検査キット(男女別)
実際に性病検査キットを注文してみた【レビュー】
エイズが心配なら保健所か、性病検査キットで検査しましょう

 

以上、【第4回】哲也の性病体験談(性病を完全に予防するのは無理)、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓



この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ