婚活の自己紹介文の書き方④~異性ウケする趣味は必ず書く

2014-03-18_22h17_34今回も「婚活の自己紹介文の書き方」シリーズの続編です。婚活での自己紹介文では、異性ウケを意識すると、出会える確率が高まると思います。

 

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

何回かに分けて書いてきている
「婚活の自己紹介文の書き方」シリーズですが、
もう少し書くネタがあります。

今回は「異性に好感を持ってもらえそうな趣味・性格は
積極的にアピールする」
です。

婚活の自己紹介文も、就活の自己PRと同じく、
相手に対してアピールできることは書いた方が良いです。

異性に対して何をアピールするか?

自己紹介文でアピールする項目として、2パターンあると思います。

(1)狭い分野の「マニアの人が見たらたまらない系」の趣味を書く。

(2)より一般的な、異性ウケのする趣味・性格・特徴を書く。

どちらを重点的に書くかは、あなたの戦略次第と言えます。

個人的には、
(1)マニアックな趣味:(2)異性ウケする趣味を書く割合は、
2:8くらいにすると良いと思います。

以下、詳しく書いていきますね。

(1)「マニアの人が見たらたまらない系」の趣味を書く

早速ですが、
(1)のマニアックな趣味は「オマケで書く」くらいの分量で良いと思います。

すごくこだわりのある趣味があって、
「この趣味を共有できる相手じゃないと嫌だ!」というなら
それをメインに書けば良いと思いますが、
その趣味を共有してくれる人はなかなか見つからない
可能性があります(いても人数が少ない)。

婚活サイトで相手を探すよりも、オタク中心の婚活イベントで
相手を探した方が早いかもしれません。

僕の場合は、
B’z、ファンモン好きな人、F1・インディカー好きな人と
知り合えたらハッピーだったんですが、あんまりいないだろうな、
と思っていました。

一応、自己紹介文でも少しだけ書きましたが、
実際それほど出会えなかったですね。

まぁ、あなたという人物を理解してもらう上で、
一言くらい書いておいても良いと思います。
話題のネタになるかもしれないし、
あわよくば共通の趣味の人と出会えるかもしれないですからね。

とは言え、
ゲームやアニメ・漫画も特定の作品にこだわってしまうと、
同じ趣味の人は少ないでしょうが、
大雑把に「ゲーム好き」「アニメ好き」「漫画好き」の人は
男女ともに結構いる
と思うので、自己紹介文で書くと良いと思います。

女性だと結構「コスプレ好き」な人がいました。
コスプレ写真をUPしていて驚きましたが、
コスプレ好きな男性の「食いつき」は良いと思います。
男性はなんか密かに喜ぶ人多そう(ゲホゲホ←せき払い)。

(2)より一般的な、異性ウケのする趣味・性格・特徴を書く

一方で、婚活サイトで相手を探すなら(2)の
「より一般的な、異性ウケのする趣味・性格・特徴」
書いた方が当然ながら相手を見つけやすくなります。

異性受けする趣味・性格、特徴ってありますよね。

女性の場合、料理が得意とか(⇒男の胃袋をわし掴み)。
料理が得意と聞いて嫌がる男はいないでしょう。

野球好き、サッカー好きの男性も多いので、
「野球好きです」「サッカー好きです!」と書くと
男性ウケが良い気がしますね。

サッカー日本代表の選手も今は欧州の有名チームに所属していることですし、
「欧州サッカー好き」「マンU好き」「インテル好き」「ミラン好き」
とか書けば喜ぶ人多そう。

あとは、お酒好きとかですかね。
僕は下戸なので「酒・タバコなんぞ無くても生きていける」
という人間なのですが、お酒好きな男性は多いですよね。
お酒が好きな女性なら、それを自己紹介に書くと良いでしょう。

男性の場合、体を鍛えて筋肉質(男らしさアピール)とかアリだと思いますね。
「お姫様だっこ願望」とかありますもんね。今まで付き合ってきた
女性は全員「お姫様だっこ願望」ありましたね(笑)。

僕の場合は、マメさフットワークの軽さ(行動力)
甘いもの好きをアピールしましたね。

「東海地区在住だけど首都圏・関西OK(会いに行きます!)」
みたいな感じで。

あと、男性の「甘いもの好き」は、女性ウケがとても良いです。
かなり喜ばれました。デートを誘う口実にもなるし、
甘党の男性は自己紹介文で書くべきだと思います。

「美味しいもの食べるのが好き」という女性も多いので、
グルメな人は上手いことアピールすると良いと思いますね。

「美味しい店を探すのが趣味なので、週末一人のときは、
新しい店を開拓しています^^」とかですかね。

ちなみに、男性が自己紹介文で「趣味・特技」と書いて女性に
喜ばれるのって、実は「料理」
なんじゃないかな、と思います。

今は共働き・家事分担の時代ですからね。
「家事力のある男性」は喜ばれると思いますよ。ぜひアピールすべきです。

自己PRが強すぎると、うっとうしいので注意

ただし、とても重要なことですが、
自己PRが強すぎていやらしい感じにならないように注意が必要です。

「男性も家事力をアピールすべし!」と上で書きましたが、
そうは言っても、そればっかりガンガンアピールしてもイマイチでしょう。
バランス感覚が大切です。

あと、女性の自己紹介文にありがちですが、
「自分磨き頑張ってます!!」的な自己紹介文は男からすると、
あまり印象が良くありません。

ネイルに凝ってると言われても男はピンと来ませんし、
「お菓子作りが趣味です!」と言われて喜ぶ男性って
実はあんまりいません。

「お菓子よりもメシ作ってくれよ」、と思うのです。
甘いもの苦手な男性も多いですしね。

「ワイン教室に通ってて、ワインソムリエの資格取りました!」
とか言われてもね。どれだけの男性が喜ぶのかと。

男ウケの悪い自分磨きとしては以下のようなものがあります。

参考記事
男から無駄だと思われる女性の自分磨き9パターン
「自分磨き」をしていることは異性に公言しない方が良いです。

長くなりましたが、こんなところで、今回はおしまいです。

【自己紹介・プロフィールの作り方講座】
(1)「プロフィール」がネット婚活の成功への第一歩です!
(2)ネット婚活での第一印象はやっぱり顔写真で決まる
(3)婚活ベストショット写真(=「盛った」写真)にご用心
(4)婚活の自己紹介文の書き方①~相手が知りたいことを書く
(5)婚活の自己紹介文の書き方②~「読みやすさ」を意識する
(6)婚活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける
(7)婚活の自己紹介文の書き方④~異性ウケする趣味は必ず書く
(8)婚活の自己紹介文で、デートプランを提案する(男性向け)
(9)婚活で好まれるプロフィールの具体例紹介(Yahoo!パートナーにて)

P,S,
管理人のネット婚活入門講座はこちら
ネット婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)

 

以上、婚活の自己紹介文の書き方④~異性ウケする趣味は必ず書く、でした。

このブログの管理人プロフィールはこちら

管理人の婚活体験談はこちら

婚活入門講座(魅力・心構え・テクニック)はこちら

管理人オススメの婚活サイトはこちら


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓

follow us in feedly

この記事と関連する記事:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

shu123

当サイト管理人 相澤哲也

アラサー会社員。学生の頃から4年付き合った彼女と別れて以来、まる2年以上彼女いない歴を経験。あまりの出会いの無さにネット婚活を決意。ネット婚活に関する考えや体験談をブログに書いている。現在、ネット婚活で知り合った彼女と結婚を前提に交際中。


プロフィールはこちら

哲也の婚活体験談はこちら




↓ツイッター始めました↓ 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
応援の1票をお願いします!


最近書いた記事(25記事)

リンク集

このページの先頭へ